いま嫌韓嫌中本が書店にあふれていて、つまりよく読まれていて売れているんだそうだ。

去年自分が読んだノンフィクションものを振り返ってみると、偏らないように気をつけてはいるが、たしかにキーワードは嫌韓、嫌中、ここには入れられなかったが嫌民主党、原子力発電になる。

今年はかの下半島、別名トンスルランドのいう「従軍慰安婦問題」は内閣の慰安婦調査室の発足と共に大きく動く様だ。

いろいろアメリカからも公文書が発掘されている。くね政権は断末魔をむかえる。

さあ、次ぎに自分のアンテナにひかかるものは何だ。


th_IMG_4207_Fotor_Collage